活動紹介 ~Facebookでも公開しています~

活動紹介

<進路指導部より>「中学部職場体験」

 11月21日、22日に中学部1・2・3年複式学級の6名がワークハウスいわきで職場体験を行いました。箱折や布を畳む仕事など実際に仕事をしている様子を見学したあとで、バッテリーの部品の組み立て作業を体験しました。細かい作業で難しいところもありましたが、集中して取り組むことができました。初めての体験でしたが、働くことを学ぶ良い機会となりました。

<高等部より>「高等部家庭科 とうふの焼きドーナツを作りました。」

 高等部2・3年1組の家庭科では、とうふを使ったヘルシー焼きドーナツを作りました。

「チョコレートと豆腐?」「豆腐の入ったドーナツ?」と作るまでは、どんな味がするんだろうと不安な様子でした。ビニール袋に材料を入れてモミモミすると豆腐の柔らかい感触に笑顔があふれました。ビニール袋のはしを切り、できあがった生地をシリコンのドーナツ型に絞りオーブンで焼きました。しばらくすると室内は、甘い香りが立ちこめました。オーブンのまわりにみんな集まって今か今かと焼き上がりを楽しみに待つ姿が見られました。

 焼き上がった焼きドーナツは、給食と一緒に美味しく頂きました。モチモチふわふわで、とっても美味しくできました。

〈小学部1-2より〉「つくってみよう~季節の飾り~」

11月の壁面飾りは、「ふくろう」や「どんぐり」を作りました。

 

「ふくろう」のおなかの模様は、はさみで画用紙を三角に切って貼りました。

 

「どんぐり」は、毛糸をグルグル巻いて帽子をかぶせました。

 

目や口も描いたら、それぞれに表情が出てかわいらしい飾りができました。

〈小学部より〉「 第2回校外学習(2学年) 」    

11月21日(水)に、小学部2年生で校外学習に出かけました。児童7名、草野停留所からバスに乗っていわき駅へ向かいました。

 

バスの中では、外の風景をみたりバスの中を見回したりするなどワクワクしながら過ごしている様子でした。

 

いわき駅前にあるドーナツ屋さんでは、自分が選んだドーナツやドリンクを店員さんに伝えたり、教師と一緒に購入したりすることができました。

 

自分のテーブルにドーナツとドリンクがくると、とても嬉しそうな表情で「早く食べたい!」と言わんばかりに『いただきます』のポーズをしていたことが印象的でした。

<ALT係より>「アロンドラ先生来校」

 

 後期のALT(外国語指導助手)は、アメリカ出身のアロンドラ先生です。

11月14日(水)、四倉校舎に来校しました。

 自己紹介では、アロンドラ先生の母校でスポーツの応援をするときの手の形「ロングホーン」を教えてもらいました。

 英語の歌では、「しあわせなら手をたたこう」に合わせて体を動かしました。

 ジェスチャーゲームでは、アロンドラ先生が出題して生徒が答えたり、一緒に英単語の発音をしたり、楽しくやりとりをしました。

 生徒からも出題し、ボーリングや魚釣りなど好きなことを表現して、盛り上がりました。

次回の12月は、クリスマスについて勉強する予定です。楽しみですね。

〈小学部〉「 小学部・聴覚支援学校平校 合同学習いも煮会 」

11月15日(木)に、本校小学部と聴覚支援学校平校のみなさんとの合同学習で、いも煮会を行いました。

 

それぞれの学校で切った野菜を持ち寄り、お鍋に材料を入れてぐつぐつぐつ。。。

 

豚汁ができあがるまでは体育館でリクリエーションを行いました。グループのお友達と自己紹介を交わし、初めてのペアで行う「フラフープリレー」、どんどん曲が速くなる「チェッチェッコリ」のダンスを行い、一気にお友達との距離が縮まりました。

 

たくさん動いた後は、お待ちかねの会食です。母子訓練センターのみなさんもお招きして、豚汁をみんなでおいしくいただきました。

 

中に入っているねぎと大根は地域の方からいただいたものです。おかわりをする子もたくさんいてお鍋はからっぽに!おいしい豚汁にみんな大満足!お腹も笑顔もいっぱいのいも煮会になりました。

<おおすげ祭実行委員会より>「おおすげ祭の開催」

 「おおすげ祭」が10月27日(土)に本校舎で開催されました。
 今年のテーマ「集まれ 笑顔! なないろ 輝け 元気玉!!」のもと、全校生が一堂に会して、みんな満面の笑顔で元気いっぱい躍動しました。各学部のステージ発表では、楽器の演奏やダンス、スポーツタイムでできるようになった運動などを精一杯発表することができました。また小学部のイベント、中・高等部の作業販売会も大盛況のうちに終えることができました。


 今年も福島大学の学生と四倉高校の生徒の皆様にボランティアとして運営をお手伝いいただきました。

 ありがとうございました。

 保護者の皆様、地域の皆様、旧職員の皆様、本校へお越しいただき、ありがとうございました。

<高等部より>「陶芸教室」

 今年も、湘南からアースディ湘南実行委員のみなさんに来校いただき陶芸教室を実施しました。震災以降、毎年陶芸教室や音楽教室をボランティアで開催していただいています。顔なじみになっている生徒も多く、お互い笑顔で再会を喜んでいました。

 陶芸教室では、講師の先生方にやり方を教えていただきながら、お皿やマグカップ壁飾りなど思い思いの作品を作成しました。今回作った作品は、希望の色の釉薬を付けて焼いていただき、来月実施予定の音楽教室の時に持ってきていただきます。完成が楽しみです。

 

 「おおすげ祭(小学部)」

10月27日(土)におおすげ祭が開催されました。

今年は小学部全員で「おおきなかぶ」を発表しました。

おじいさん・おばあさんは、覚えたセリフをゆっくり大きな声で発表することができました。

いぬグループは、手押し車や長縄、跳び箱など、体育的活動で発表をしました。どの児童もステージの真ん中で堂々と発表することができました。

ねこグループは、曲に合わせて体を動かしたり、ポンポンやリボンを持って踊ったり元気いっぱい発表することができました。

ねずみグループは、鍵盤ハーモニカとタンブリンを使って「山の音楽家」を演奏しました。3人一組で力を合わせて発表することができました。

 

小学部全員、一人一人が力を十分に発揮した最高のおおすげ祭となりました。

〈おおすげ祭 ボランティア〉  

10月27日(土)に行われたおおすげ祭では、福島大学から4名、四倉高等学校から5名の学生ボランティアの方々に参加していただきました。

 

ステージ大道具係、イベント係、記録係など様々な場面でお手伝いをしていただいたお陰もあり、子ども達は最後まで全力を尽くして、ステージ発表やイベント活動・作業製品販売などを頑張ることができました。

 

学生ボランティアの皆様、ありがとうございました。

〈小学部〉3年3組「ミニトマトを食べよう」

自分たちで育てて収穫したミニトマトを使って調理活動を行いました。

多数決で『ピザ』を作ることに決まり、餃子の皮にトマトソース、ミニトマト、チーズをのせてオーブンで焼きました。

普段トマトが苦手な児童でも残さずに美味しく食べることができました。

たくさん作って他の学級の友達や先生にも「どうぞ!」と言って渡すことができました。

小学部1年3組「つくってみよう!~おおきなかぶをつくろう~」

「つくってみよう!」の学習では、毎月季節や行事に合わせた作品を作っています。

10月は、おおすげ祭で行う『おおきなかぶ』の劇に合わせて、紙コップと毛糸でお話に登場する動物たちの人形を作りました。

手元をよく見ながら、紙コップに毛糸をつけたり、動物の目や耳を貼ったりして、素敵な作品ができあがりました!

<高等部より>「第17回福島県特別支援学校スポーツ大会に参加しました。」

 10月6日(土)あづま陸上競技場において、陸上競技とフライングディスク競技が行われました。

 高等部から陸上競技に8名、フライングディスク競技に7名が参加しました。天気に恵まれ暑い中でしたが、生徒たちはそれぞれの競技で練習の成果を発揮することができました。
 
 はじける笑顔と名場面をごらんください♪

<中学部1・2・3年複式学級より>「作品展に向けてがんばっています。」

 10月27日(土)に行われるおおすげ祭の作品展に向けて、毛糸を編んで鞄作りをしています。縦糸・横糸を交互に編んでだんだんと編めていくのはとても楽しいです。ポンポンマスコットをつけて完成させたいと思っています。

 いわき市版画展に向けての版画も行いました。手や指に絵の具をたっぷりつけて、模造紙やはがきに表現したいものをそれぞれにスタンプしました。題は「四倉ファームからの手紙」ご覧ください。

<高等部2学年より>「修学旅行」

 9月12日(水)から14日(金)まで2泊3日の行程で関西方面への修学旅行に行きました。
 福島空港から大阪国際空港への飛行機では、揺れて驚きもありましたが、景色を楽しみ、マナーを守って乗ることができました。

 1日目、平等院鳳凰堂を十円玉と見比べ、東映太秦映画村では、忍者ショー、おばけ屋敷、扮装写真撮影など、思い思いのことを楽しみました。

 2日目、USJでは、ミニオンズ、キティちゃんにも会え、アトラクションにも乗り、ハリーポッターの世界も堪能しました。
 3日目、海遊館では、水槽の大きさに驚き、道頓堀でのお好み焼きは、目の前でのマヨネーズかけが楽しく、おいしく頂きました。
 旅行行程では、時間を意識して行動することができ、また、バイキング形式の食事では、栄養のバランスを考えながら自主的に食事を摂ることができました。

 実践的な学習を通して、生徒の成長を感じました。
 天候にも恵まれ、みんな元気に満喫することができました。

<小学部より>「 広野小学校との交流及び共同学習② 」

小学部3、4年生は、9月21日(金)に広野町立広野小学校へ行き、今年2回目の交流及び共同学習を行いました。

グループで自己紹介をした後は、箱の中からボールを取って友達の質問に答える「ばくだんボールゲーム」をして楽しみました。

全体活動では、「魚釣りゲーム」や「じゃんけん列車ゲーム」などを行い、笑顔いっぱい、広野小学校の友達と一緒に楽しく活動することができました。

<中学部より>「平二中・三中と交流会をしました。」

 9月21日 平二中・平三中と交流会を行いました。昨年も一緒に踊った「EXダンス」を力一杯一緒に踊ったり、今年のおおすげ祭へ向けて練習しているダンス「ナミナミナ」を一緒に踊ったりました。ボッチャでは、混合チームを作り、お互いに応援しあいながら優勝を目指しました。新しい友達もでき、互いに、たっぷり体を動かした、1日になりました。

<小学部より>「 プール学習 」

小学部では、6月から平支援学校の水治訓練室をお借りして各学年2回、新舞子ハイツヘルスプールを利用して1年生は1回、2年生以上は2回、プール学習を行っています。

プールでは、浮輪を使って浮かんだりバタ足をしながら泳いだりとそれぞれが水に親しむことができました。

残り3回のプール学習も楽しく安全に行ってきたいと思います。

 

〈進路指導部より〉「 進路見学会 」

7月27日(金)小・中・高等部の教職員を対象に進路見学会を実施し、「虹のかけはし」「ミント・アライブ・すいすい」「ハニーズ物流センター」を見学してきました。

それぞれの事業所で、障がいのある方がどのような仕事をしているのか、どんな生活を送っているのか、どのような人材を求めているのかなど詳しく説明していただき、とても充実した見学会となりました。

今回学んだことを、これからの学習指導、進路指導に活かしていきたいと思います。ありがとうございました。

<教育支援部より>「 さくらひろばへいってみよう 」

7月23日(月)、本校舎で幼児体験学習「さくらひろばへいってみよう」を行いました。当日は5名のお子さんとその保護者の方、療育機関の方にお越しいただきました。

 

お集まりの活動では、パネルシアターや手遊び歌、ダンスを行い、たくさんの笑顔が見られました。お集まりの後は自由遊びを行い、明るく賑やかな雰囲気で活動することができました。

 

約一時間の短い時間でしたが、ご参加いただきありがとうございました。

 

<ALT係より>「ケイトリン先生来校」

 カナダ出身のケイトリン先生が、7月9日(月)、四倉校舎に来校しました。

 中学部では、まずはじめに「あたま、かた、ひざ、ぽん」の歌を英語で歌いました。つぎにジェスチャークイズを行い、「歌っている」「テレビを見ている」などいろいろな動作を英語で言う練習をしました。みんな笑顔あふれ楽しい活動となりました。

 高等部の3年生は、果物の勉強をしました。マッチングゲームをしたり、好きな果物を英語で発表したりしました。お昼は、高等部の1年生の教室で一緒に食べ、お寿司の話をしました。魚の英単語をたくさん知っている生徒が、みんなの好きなネタについて通訳してくれました。楽しい雰囲気で英語の勉強ができました。

 

 ケイトリン先生、ありがとうございました。

〈小学部〉「防犯教室」

7月17日(火)に「防犯教室」を実施しました。

紙芝居で知らない人に声をかけられたときにどうするかを学んだあとは、映像を使って自分たちの日常生活のなかで注意することを確認しました。

また、防犯標語である「いかのおすし」についても学びました。

〈小学部〉「宿泊学習に行ってきました!」

7月12日から13日までの1泊2日で、いわき海浜自然の家に宿泊学習に行ってきました。

今回は小・中・高等部合同の宿泊学習で、小学部からは5年生が参加しました。

1日目は、中・高等部のお兄さんやお姉さんと一緒に動物オリエンテーリングや野外炊飯に挑戦!

夜のキャンプファイヤーではみんなで楽しく体を動かしました。2日目は四倉海岸で活動を行いました。

波に負けずにたくさん遊んで、暑さを吹き飛ばしました。素敵な思い出がたくさんできた宿泊学習となりました。

〈小学部より〉「小学部合同 たなばた会」

 

7月6日(金)に「たなばた会」を行いました。

 

子供たちは、先生やおうちの人と一緒に考えた願い事を書いた短冊や、折り紙で折った彦星と織り姫、いろいろ工夫して作った輪飾りなどを持ち寄り、大きなたなばた飾りを完成させました。

 

会の前半は、各学年から1名ずつ代表者が友達の前で、「プールにいっぱい入りたい」「C571 211系にのりたい」「うどんいっぱいたべたい」などの願い事を心を込めて発表しました。

 

どの願い事もかなうといいですね。

 

また後半は、パネルシアターを使っての『たなばた』の話やボウリングゲームでの星集め、そして、最後は『たなばたさま』の歌をみんなで歌いました。

 

何事にも真剣に取り組む表情を見てください。

【宿泊学習】

 今日から明日まで、いわき海浜自然の家での宿泊学習に来ています。

 小学部5年、中学部1.2年、高等部1年のメンバーで参加していますが、グループに分かれたオリエンテーリングや野外炊飯、キャンプファイヤーなどに取り組み、笑顔いっぱいに学部を越えた交流を図ることが出来ました。

 

明日は四倉海岸での活動を予定しています。
体調管理に十分注意しながら、思い出に残るような楽しい活動にすることができればと思います。

 

<進路指導部より>「中学部職場体験」

 6月28日(木)、みどりのかぜ「のはら」にて中学部3名が職場体験を行いました。まずはじめにダンボールのバリとりの仕事を体験しました。休憩時間には誕生会にも参加し、楽しいひと時を過ごすことができました。休憩後は紐通しやパズルなどそれぞれの課題に取り組みました。半日の活動でしたが将来の働く姿をイメージできるような有意義な体験となりました。

<進路指導部より>「 前期産業現場等における実習(校外) 」

 6月18日~6月29日に現場実習を行いました。校外実習では高等部2・3年生の11名がいわき市内の福祉サービス事業所にご協力いただき、実習をさせていただくことができました。

 作業内容はボールペンやバッテリー部品の組み立て、調理補助、清掃作業等を行い、それぞれが、自身の課題と向き合いながら、真剣な表情で作業に取り組んでいました。

 今後は実習を振り返り、自分の長所や課題を理解した上で、日々の学習に取り組んでほしいと思います。

 実習に御協力くださいました、福祉サービス事業所の皆様、ありがとうございました。

<進路指導部より>「 前期産業現場等における実習(校内) 」

 校内実習を校外実習同様に6月18日~6月29日の10日間で行いました。そのうち、中学部は前半の1週間行いました。

 校内実習は中学部1年生から高等部3年生までの22名が清掃班とさくら班に分かれて活動しました。普段の作業学習とは異なり、より「仕事」を意識できるような時間の設定やルール作りを行っているため、程よい緊張感の中で作業を進めることができました。

 さくら班は、とまとランドさんの箱折りやパックのシール張りなどを行っています。ずっと同じ姿勢で作業をするため、集中力、忍耐力、正確性が求められる作業でしたが、一日を通した作業でも、最後まで集中力を持続させて作業に取り組むことができました。

 清掃班では、道具の正しい使い方やペース配分、友達と協力する力が求められる他、通行の妨げにならない工夫など自分の仕事以外にも気を配ることが必要です。一人一人が自分の役割がわかり、自分から行動することができるようになってきています。

<中学部より>「四倉中学校との交流及び共同学習について③」

 富岡支援学校中学部生徒と四倉中学校1学年1組の生徒で第二回の交流会を行いました。

四倉中のみなさんが富岡支援の生徒が得意なことを取り入れて考えた内容で「ミニ運動会」を行いました。

 

 サッカーボールを蹴ってピンを倒す「キックターゲット班」、20枚程のカードを裏返して同じものを合わせる「記憶力ゲーム班」、長い棒を使ってボールを転がし倒れたピンの点数を競う「ボーリング班」の3つの班に分かれて行いました。また、全員で「じゃんけん列車」「紙飛行機飛ばし」も行いました。全てペアになって取り組みました。みんなが楽しめる交流会になりました。

〈小学部より〉4・5年複式学級「クラブ活動」

6月15日(金)のクラブ活動でクッキー作りを行いました。

 

ホットケーキミックス、卵、バター、牛乳、砂糖の材料を袋の中に入れて、手で揉んでよく混ぜました。

 

最後にチョコチップを混ぜて、クッキングペーパーの上に好きな形を作りました。

 

おいしいクッキーができ、お家の方にも、プレゼントとして笑顔で持ち帰りました。

〈小学部より〉「広野小学校との交流及び共同学習(3・4年生)」

6月19日(火)に、広野小学校の4年生と交流及び共同学習を行いました。

 

はじめは、4つのグループに分かれ、自己紹介をしたりばくだんゲーム(ばくだんの人形を隣の友達に回していき、曲が止まった時に持っている人が友達の質問に答えるゲーム)をしたりしました。

 

全体の活動では、2つのチームに分かれ、運動会でも行った「野菜をとりにいこう」を行いました。

 

広野小学校と富岡支援学校の児童が二人一組になり、息を合わせて同じペースで進むことができました。

 

最後には、グループの友達と輪になって手を繋ぎ、「かたつむり」を歌いました。

 

次回は9月に行います。

 

 

〈教育支援部より〉「 教育相談会 」

6月上旬、ゆいまーる・ふたば、わくわくキッズ、母子訓練センター、子どもの家保育園を御利用の保護者様を対象に教育相談会を実施し、学習活動の様子や各教室等を見学していただきました。

 

7月23日(月)には就学前の幼児を対象に、幼児体験学習「さくらひろばへいってみよう」を実施いたします。

 

パネルシアターや手遊び歌等を計画しておりますので、ぜひ御参加ください。

 

個別の教育相談を御希望の方は、お気軽に学校に御連絡ください。

 

<中学部より>「四倉中学校との交流及び共同学習について①」

 昨年度に引き続き、富岡支援学校中学部生徒全員と四倉中学校1学年生徒との交流会を行います。そこで、事前に本校の特別支援教育コーディネーターが四倉中学校へ伺い、1学年全員に説明会を行いました。

 同じ地域の学校である本校のほか、いわき市内の特別支援学校、県内の特別支援学校について説明しました。また、「障がい」の捉え方についてや交流会の進め方について、パワーポイントやビデオを用いながら説明しました。さらに、「こんなときどうする?」というテーマで、障がいのある友達に対して、行動の理由や自分ならどうするか?についてペアで話し合い、発表する時間も設けました。活発な意見が飛び交い、交流会に向けて意欲が高まったようでした。

「四倉中学校との交流及び共同学習について②」

 富岡支援学校中学部生徒と四倉中学校1学年1組の生徒で第一回の交流会を行いました。

事前に自己紹介カードを作成し、自己紹介ゲームを行いました。また、とくに富岡支援学校の生徒の「好きなこと、得意なこと」について実演を交えて紹介しました。「虫の名前を答えることが得意」「ダンスが得意」「折り紙が得意」「バスケットボールやスポーツが得意」と紹介し、バスケットゴールにシュートをしてアピールすることもできました。

 2回目の交流会の内容は四倉中学校の生徒さんが話し合い、計画します。今の段階でどんな交流会ができそうか?グループで話し合って、発表もしました。様々なアイディアが出て、二回目の交流会が楽しみです。

 1回目の交流会の後に、四倉中の生徒さんは2回目の交流会の内容について学級で話し合いました。「ペットボトルボーリング」「絵合わせゲーム」「じゃんけん列車」「紙飛行機飛ばし」など楽しくなるようなアイディアを出していただきました。その後、担当の教員同士で話し合い、必要な補助具や配慮について確認し、事前に準備していただくようにしました。また、役割分担として、富岡支援学校生徒ももちろん、ゲームに使うカードなどを準備しました。

〈小学部より〉「 なかよし集会 」

6月14日(木)の3校時に、なかよし集会を行いました。

 

集会では、7月に行われる「たなばた会」の話を聞いたり、6月に誕生日を迎えた4名の友達のお祝いを行ったりしました。

また「みんなでやってみよう」では、1年生が「あたま かた ひざ ぽん」、3年生が「大きくなったら なんになる」を前に出て発表した後、みんなで一緒に手遊び歌を行うことができました。

〈小学部より〉「日赤 あそびうたコンサート」

6月7日(木)に日本赤十字社福島県支部様より御支援いただき、「あきらちゃん&タンバリンくんのあそびうたコンサート」を行いました。

 

全員でタンブリンを持って演奏したり、歌ったり踊ったりと盛り沢山の内容に、子どもたちの笑顔がキラキラ輝く素敵なコンサートとなりました。

<高等部より>「 さくらんぼ狩りに行ってきました。 」

 いつもお世話になっている、わいわい作業所さんにご招待いただき、さくらんぼ狩りに行ってきました。

 さくらんぼ園に到着し、たわわになったさくらんぼの木を見て大歓声が上がりました。真っ赤に実ったさくらんぼを美味しそうにほおばっていました。自分が摘んださくらんぼを小箱に入れて大切に持ち帰りました。楽しい時間となりました。

四倉高校との交流活動(いわきの町をきれいにする市民総ぐるみ運動)

 5月31日(木)四倉高校のみなさんと一緒に「いわきの町をきれいにする市民総ぐるみ運動」に参加しました。今回の清掃活動は、四倉高校生が数名ずつ各クラスに入り、一緒に四倉町内の清掃活動を行いました。

 はじめは、なかなか話をすることができませんでしたが、一緒に清掃活動をするうちに打ち解け、学校のことや好きなことについて話しながら活動したり、帰校したりする姿が見られました。清掃活動を通して、交流も深まり、充実した時間となりました。

<ALT係より>「ケイトリン先生来校」

 ALT(外国語指導助手)は、今年度も、カナダ出身のケイトリン先生が来校します。

 5月28日(月)、四倉校舎に来校しました。

 中学部では、名刺交換や絵あてゲームをしました。

 積極的に英語であいさつをして名刺交換をしたり、絵あての答えをケイトリン先生と一緒に発音したり、英語でのやりとりを楽しんでいる姿が見られました。

 昼食を一緒に食べたときは、ケイトリン先生が上手に箸を使うことに驚いていました。

 高等部では、好きなものの紹介をしました。

 生徒が好きなものを伝えると、ケイトリン先生がタブレットで検索をして画像で表示し、通じたことがわかると拍手をして盛り上がりました。

 音楽では、英語の歌に合わせて体を動かし、雰囲気を楽しんでいる姿が見られました。

 次回は7月。楽しみですね。

〈小学部より〉「運動会」

平成30年5月26日(土)運動会がありました。今年度から小学部のみの実施となりました。

競技数が前年度よりも増えたことで、子どもたちの活躍する場面がたくさんありました。

また、親子参加のリレーやダンスもあり、会場に一体感がありました。

子どもたちのやりきった表情が輝き、とても充実した運動会になりました。

〈教育支援部より〉「小学部運動会 ボランティア」

5月26日(土)に行われた小学部運動会では、福島大学から7名、四倉高等学校から7名のボランティアさんに参加していただきました。

朝早くから競技の準備や子どもたちへの応援など、ボランティアのお兄さんお姉さんたちのおかげで、子どもたちも練習の成果を発揮することができました。

ボランティアのみなさん、本当にありがとうございました。

〈中学部より〉「サツマイモの苗植え」 

5月11日(金)中学部全員でサツマイモの苗を植えました。

 担当の先生からの注意をよく聞き、一人ひとりていねいに作業を行いました。

畑を耕し、畝を作り、順番に苗を植えることができました。

最後にたっぷりと水をあげました。秋の収穫がとても楽しみです。

「第一回授業参観がありました。」

   授業参観が行われました。四倉校舎の中学部・高等部の学級では、タブレット等でメールを送る際のルールや危険性について学習や、友達の良いところを考えて発表する学習活動など、「人とのかかわり・コミュニケーションスキル」について学習する学級もあり、ICTスキルの向上や将来の自立に向け、意欲的に学習している姿を参観していただくことができました。

〈小学部より〉「 運動会予行練習 」

5月18日(金)に小学部運動会の予行練習がありました。

団体種目の「やさいをとりにいこう」では、低学年と高学年の2人組のペアでリアカーを引っ張り、抜いた野菜を協力して運ぶことができました。

今年度より小学部のみでの運動会となり、体育館で実施する予定です。ぜひ応援にきてください!

<小学部より>「 元気に遊んだ遠足! 」

小学部では、5月11日(金)に、21世紀の森公園に校外学習に行きました。

 

午前中は、ローラーすべり台を元気にすべり降りたり、アスレチックの頂上を目指してのぼったり、自分の好きな遊びを見つけて楽しく遊びました。たくさん遊んだ後のお弁当やおやつは一層美味しかったようで、おなかいっぱいで大満足の笑顔が溢れていました。

 

友達や先生と一緒に楽しい時間を過ごし、思い出になる一日となりました。

<高等部より>「 生徒会総会 」

 

 4月27日(金)に生徒会総会が行われました。生徒会執行部、保健美化委員会、ボランティア委員会の役員の生徒が今年度の活動内容や目標などを発表しました。各委員会の生徒一人ひとりが、それぞれの役割を意識しながら責任感を持って活動に取り組んでほしいと思います。

<中高等部より>「交通安全教室」

 

 4月26日(木)交通安全教室が行われました。

今年度も四倉校舎周辺を歩き、横断歩道の渡り方や歩行者信号機がない場合の道路の渡り方などを学習しました。

修学旅行に行く中学部3年生や高等部2年生にとっては、交通安全を体験的に学ぶ機会となりました。

<中学部より>「新入生歓迎会」

 

 4月13日(金)新入生歓迎会が行われました。

今年度は2名の新1年生を迎え、総勢8人の中学部となりました。

2、3年生が準備をして新入生歓迎会を盛り上げました。

1人1人の個性豊かな自己紹介や白熱したイス取りゲームを行い、大いに盛り上がりました。

〈小学部より〉「 交通安全教室 」

4月24日(火)交通安全教室を行いました。

 

今年度は2グループに分かれ、低学年は体育館で模擬交差点を使って横断歩道の渡り方の練習をしました。3年生以上は校外に出て、実際に横断歩道を渡る練習をしました。

 

「止まる・見る・待つ」のキーワードをもとに、信号や周りの車をよく見て、渡る練習をしました。

〈小学部より〉「 新入生を迎える会 」

4月16日(月)、新入生を迎える会を行いました。

少し緊張気味の1年生でしたが、みんなの前で自分の名前や好きな物を発表してくれました。

また、全員でダンスを踊ったり、バルーン遊びをしたりして、大いに盛り上がり、1年生も笑顔で元気よく会に参加できました。

<学校長より>「新年度スタート」

 平成30年度。4月9日には着任式、始業式、入学式が新しい児童生徒、新転入の教職員をお迎えして行われ、笑顔いっぱいに富岡支援学校の1年がスタートしました。
 

  いつもの年ならちょうど桜が満開になる時期なのですが、今年は桜の開花が早く、入学式には新緑が見られるほどでした。そのため、式辞の冒頭部分を「満開の桜」から「さわやかな新緑」に変更して望みました。 今、校舎の西に広がるなだらかな山並みは、落葉広葉樹の若葉や山桜、こぶしの花などで優しく彩られています。
 
 私は、「学校は1枚のキャンバスのようなものだなあ。」と思っています。
 新しく入学した子どもたちと新しく着任した先生方がそれぞれの色を塗り広げながら、今までの伝統という名前の絵の具と混じり合って今年はどのような絵を完成させることができるのか。
 
 明るく元気で、一生懸命さがあふれるようなすてきな絵になるといいなあと今年も願っています。 

                     平成30年4月17日
                     校長 小河原 健一

<小学部より>「 2月 なかよし集会」

213()になかよし集会がありました。

1
年間の思い出をテレビに映して振り返りました。遠足、運動会、おおすげ祭、芋煮会など様々な写真を指差したり、言葉や身振りで楽しかったと伝えたりみんなとても良い表情でした。

また、
2月が誕生日のお友達に向けてみんなで歌を歌いました。プレゼントをもらってとても嬉しそうでした。

最後に赤チーム、青チーム、黄色チームに分かれてブロック積みゲームをしました。それぞれのチームのメンバーで力を合わせて大きなタワーを作ることができました。

<進路指導部より>「作業製品販売会」

2月7日にマルト四倉店で作業製品販売会を行いました。

今回は、四倉校舎に移転して初めての開催となりました。
昨年度は全員参加で販売活動を行いましたが、今年度から販売活動と広報活動のグループに分かれての実施となりました。
木工班、工芸班ともに、たくさんの製品を販売することができました。

日ごろの学習の成果を、お客様の笑顔や売上という形で感じることができ、事後学習では、売り上げ金の発表に驚く生徒や当日の写真や動画で活動の様子を共有することができました。

また、マルト四倉店さんには、当日のチラシに作業製品販売会を掲載していただいたり、当日の店内放送で何度も呼びかけてくださったりと、生徒の活動に多大な御協力を頂きました。

<中学部3-1>「校外学習 版画展見学」

いわき市小中学生版画展の見学に行きました。

3年生は、修学旅行の思い出をテーマに、パステル画の要素を取り入れた版画を制作し出品しました。

今回の校外学習では、バスの乗り方についての学習も併せて行い、往路は四倉町内のバス停から路線バスを利用し、復路はいわき駅から電車を利用して四倉まで戻りました。

高等部入学後は、電車や路線バスなど公共の交通機関を利用して四倉校舎まで通学する必要があります。
いわき駅からそれぞれの自宅まで帰るためには、どのバス乗り場から乗れば良いのか、何時発のバスがあるのかなど、バスロータリーで一つ一つ確認しながら体験的に学習しました。

一人でもバスや電車に乗れるようになるためにがんばります!



「小学部1年1組 お正月を楽しもう」

1月の学習では福笑いと書き初めをしました。

福笑いでは、お友達に目や鼻、口を渡して、おかめの顔を完成させました。できあがった顔はとてもおもしろく、たくさんの笑いがありました。

書き初めでは、初めて筆を握って文字を書きました。鉛筆の線を丁寧になぞったり、お手本をよく見てしっかり書くことができました。練習をすればするほどのびのびとした文字を書くことができ、子ども達は満足げな表情をしていました。

中高等部より「作業製品販売会(inマルト四倉店)のお知らせ

2月7日(水)にマルト四倉店にて作業製品販売会を行います。

木工班は、木製品(一輪挿し、長椅子)、工芸班は、ディップアート(コサージュ、ブローチ、花各種、クリップ、ピアスなど)、陶芸品(フラワーポッド、メモスタンド、ペンダント、皿、箸置き、タイル製品など)の製品を販売いたします。

一つ一つ、生徒が心を込めて作った手作りの製品です。
皆様の御来場をお待ちしております。

日時: 平成30年2月7日(水)9:45~11:45
場所:(株)マルト四倉店(いわき市四倉町字西2-9-2)

<小学部より>「 なかよし集会 」

1月22日(月)に、なかよし集会を行いました。

集会では、2月に行われる「節分」の話を聞いたり、1月に誕生日を迎えた3名の友達のお祝いを行ったりしました。

また、ゲームの活動では鬼を描いた的に新聞を丸めて作った「豆」を当ててやっつける「鬼をやっつけよう」を行いました。児童たちは、それぞれ赤鬼、青鬼、黄鬼に向かってそれぞれ「豆」を当てて追い払うことができました。

富岡支援学校・図工美術科より「いわき市小中学生版画展」

いわき市小中学生版画展が、いわき市立美術館にて開催されています。

本校の児童生徒の作品は、1月17日(水)~28日(日)まで展示されています。

紙版画や剥がせるシールを用いた作品、パステルやステンシルを用いた作品など、様々な技法で制作した作品が展示されています。
各学級それぞれの「色」が表現された作品ばかりです。
ぜひ足を運んでいただければと思います。

<中学部より>「お楽しみ会」

中学部恒例の2学期お楽しみ会でした。

教頭先生をご招待して開催しました。みんなで待っていたサンタさんとトナカイさんがプレゼントを持ってやってきてくれました。


音楽の授業で練習してきた合唱を発表しました。
レクリエーションでは、友達や先生方の小さい頃の写真を見て、誰かを当てるクイズを行ったり、みんなで相談して箱をくずさないように高く積み上げるゲームや、的あてゲームをしたりして楽しみました。


最後にみんなでクリスマスダンスを踊りました!みんなでジャーンプ!!

楽しい時間をみんなで過ごしました!メリークリスマス!



<高等部より>「音楽鑑賞教室」

12月19日(火)に「アースデイ湘南実行委員会」のみなさまが来校し、音楽をとおして交流を深めることができました。

 
 クリスマスの曲やハワイアンの曲など、多くの曲をサンタクロースやトナカイの姿で演奏していただき、聴いている生徒も体を揺らして楽しんだり、手拍子をしたりしながら楽しい時間を過ごすことができました。
 
 クリスマスプレゼントとして一人ひとり手作りのクリスマスオーナメントをいただきました。本校生からは普段作業学習で制作しているクローバークリップとメモスタンドをお返しにプレゼントしました。

「一足早い、クリスマス!!」

12月21日(木)に、株式会社マルト 様より、全校児童生徒分のクリスマスケーキをいただきました。

クリスマス飾りできれいに彩られたケーキを大きな口でぺろり。

甘くて美味しいケーキにみんなが笑顔になりました。

株式会社マルト 様 ありがとうございました。







<小学部より>2年3組「冬を楽しもう~お楽しみ会~」

12月15日に学級でお楽しみ会を行いました!お楽しみ会では、「冬を楽しもう」の学習で制作した、大きなクリスマスツリーを飾り、みんなで人参ホットケーキを作りました。

子どもたち3名は、ホットケーキミックスや牛乳、擦った人参などの材料をボウルに入れたり、泡立て器で混ぜたりする活動に取り組みました。

みんなで作った人参ホットケーキはとても美味しかったようで、3名ともニコニコでぺろりと完食していました!

小学部1年2組「プレゼントをしよう」

12月は「プレゼントをしよう」という活動に取り組んでいます。

今の時期は、クリスマスのプレゼント作り(長靴の入れ物、クリスマスカード、マグネット)に挑戦しています。二人の大好きな「きる・ちぎる・はる・ぬる・こねる」の勉強では、もくもくと集中して取り組んでいました。

4
月から勉強を積み重ねてきたことで、今では自分でできることが沢山増え、「自分でやりたい。」「もっとやってみたい。」という、新たな気持ちが芽生えてきています。

絵筆をしっかり握って色を塗ったり、こねた紙粘土をペットボトルのフタに奥まで押し込んだりする等、今回の活動を通して、大きく成長している二人をとても頼もしく感じました。これからも、いろいろなことにチャレンジしていきたいと思います。

できあがった作品は、大好きなお家の人やお世話になっている方に渡す予定です。みなさん、かわいいサンタさんが届けに来るのを楽しみにしていて下さい!


<小学部より>「おたのしみ会」

12月6日()、小学部でおたのしみ会を行いました。

前半はみんなで「白いひげのサンタさん」を歌ったり、ツリーの飾りつけをしたりしました。それぞれのクラスでリースやベルなどを飾り、とても華やかなツリーが完成しました。

後半はゲームをしたり、サンタさんからプレゼントをもらったりしました。サンタさんからプレゼントをもらって、子どもたちは益々笑顔になりました。

「 広野小学校4年生との交流及び共同学習(小学部) 」

11月30日(木)、2年生以上の13名が2回目の交流及び共同学習を行いました。

広野小学校の体育館や教室を使って、グループに分かれて風船バレーや転がしドッヂボール、ハンカチ落としやダンスをしました。

1時間という短い時間でしたが、みんなで体を動かし、最後に『あわてんぼうのサンタクロース』を歌い、たくさんの元気な笑顔が見られた交流会でした。



「小1年3組 版画~まる・さんかく・しかく・いろいろなかたち~」

11月の学習は、初めての版画制作に取り組みました。図鑑を見ながら、画用紙を丸、三角、四角に切ったものを組み合わせて、飛行機やゾウを作ったり、フェルトシールを貼ったりして、積み木やぬいぐるみが入ったおもちゃ箱のような作品を作りました。

初めてローラーを転がして、絵の具を付けたときは、きれいな色に目がくぎ付け。版画用紙をバレンでこすり合わせて開いてみると、鮮やかな模様がくっきりと出てきて大喜びでした。

<小学部より>「 小学部・聴覚支援学校平校 合同学習いも煮会 」

11月15日(水)に本校小学部と聴覚支援学校平校さんとの合同学習で、いも煮会を実施しました。これまで、小中学部の合同学習の行事でしたが、今年度から、小学部と聴覚支援学校平校さんとの交流活動の意味合いを濃くした学習として取り組みました。

両校一緒に事前学習を行い、活動内容を知るとともに、初めての顔合わせをして班活動で調理活動の役割分担をしました。


当日は、それぞれの校舎で切った材料を持ち寄って家庭科室の鍋でぐつぐつ煮込みました。豚汁がおいしく煮えるまでの間、体育館で交流レクリエーションを行いました。富岡は「きのこ」のダンス、平校は「EXダンス」をそれぞれ披露して一緒に踊り、班対抗フラフープリレーゲームを楽しみました。


楽しみな会食は、母子訓練センターの方々をお招きして、班ごとに教室で和やかな雰囲気の中でおいしくいただきました。大勢で食べる豚汁の味は格別のようで、普段より食欲旺盛でおなかいっぱい、そして友達と一緒に幸せいっぱい、笑顔もいっぱいの時間を過ごせたようです。

<小学部より>「 なかよし集会(小学部) 」

10月31日(火)に、なかよし集会を行いました。

集会では、11月に行われる「いもに会」の話を聞いたり、10月に誕生日を迎えた2名の友達のお祝いを行いました。

さらに、ゲームの活動では「イントロクイズ」を行いました。イントロクイズではキーボードの伴奏に耳を澄ませてきいて、発表していました。発表のあとにはみんなで元気に歌を歌い、楽しい集会となりました。

小学部2年1組「芋掘り」

5月に植えたさつまいもの苗も大きくなり、いよいよ収穫の時期を迎えました。
児童たちも「さつまいもたのしみ。」とワクワクしていた様子でした。
収穫したさつまいもは、芋煮会の豚汁の具としておいしくいただきました。


また、畑に生息するいきものに食べられてしまったさつまいもは、「せいさく」の学習の時間で輪切りにしたり、いちょう切りにしたりして特製のスタンプを作りました。授業中、児童がどこにスタンプを押すか笑顔で画用紙と向き合っているのが印象的でした。

さつまいもの栽培を通して、自然や食育、工作など有意義に活動することができました。

小学部2年2組「柿狩り」

秋になり、柿の木においしそうなオレンジ色の柿が実り、児童たちも「かき、かき。」と毎日のようにお話して、「とってみたいなあ」と興味を示していました。

お隣の母子訓練センターの先生に、ご近所の方で、ご自宅の庭に柿が実っているお宅を紹介していただき、「柿狩り」が実現しました。児童たちは、笑顔で夢中になって柿をもいでいました。学校に帰って、早速試食をし、「あまーい。」「おいしい。」と大喜びでした。

先日、給食にいろいろな種類のフルーツが入った、ヨーグルトがでました。すると、児童が、自分から「かき。」と教えてくれました。柿の味を覚えたんだなあと感激しました。地域の方々のおかげで、児童たちの心に残る学習ができたことをとてもうれしく思いました。


地域の皆様、いつもありがとうございます。

「第37回いわき地区特別支援教育総合作品展について」

第37回いわき地区特別支援教育総合作品展において、本校の児童生徒の作品が展示されます。どの作品も、子どもたちが一生懸命に制作に取り組んだ力作揃いです。また、本校以外のいわき地区の特別支援教育を受けている子どもたちの作品も展示されております。お時間がございましたら、ぜひ御来場ください。

日にち 平成29年11月23日(木)~26日(日)

時間  10:00~16:00

会場  ライブいわきミュウじあむ(いわき・ら・ら・ミュウ2F)  

 

「おおすげ祭(小学部)」

10月28日(土)におおすげ祭が開催されました。今年の小学部は、「富岡支援学校の元気が出るテレビ」と題し、3グループに分かれて発表しました。

1年生は「楽しい動物園」というタイトルで、子どもたちが探検隊になっていろいろな動物を探しながら、歌ったり踊ったりしました。初めてのステージでも堂々と発表することができました。

2年生は「おさるのジョージ」を発表しました。全員がジョージになりきって、黄色い帽子のおじさんとキャッチボールをしたり、アイアイを踊ったり、元気いっぱい発表することができました。

3年生以上は「チャレンジ番組」を発表しました。ダンスや長縄、大型パズルなど、一人一人が得意なことにチャレンジしました。小学部全員、力を十分に発揮し最高のおおすげ祭となりました。


いわきのまちをきれいにする市民総ぐるみ運動に参加しました。」

 112日(木)に四倉高校生徒と本校高等部生徒で「いわきのまちをきれいにする市民総ぐるみ運動」に参加し、学校周辺の清掃活動を行いました。

 諏訪神社を目指しながら道路脇などのごみ拾いをしました。普段地域で清掃活動に取り組んでいることもあり、あまりごみはありませんでした。ごみ拾いをしながら町内の方にあいさつをして歩き交流をすることができました。

<教育支援部より>「おおすげ祭~ボランティア編 」

10月28日に行われたおおすげ祭では、福島大学から3名、四倉高等学校から9名のボランティアのみなさんに参加していただきました。

朝早くからおいでいただき、始まる前の準備から、ステージ大道具係・記録係・駐車場係・受付係など様々なお手伝いをしていただきました。

小学部のイベントでは子どもたちの目線に合わせて言葉をかけ、笑顔でお手伝いしていただきました。ボランティアのお兄さん、お姉さんたちとゲームを一緒に楽しむことができ、イベント会場が盛り上がっていました。

おかげさまで、子どもたちは練習の成果を発揮することができ、思い出に残るおおすげ祭となりました。

ボランティアのみなさま、本当にありがとうございました。




おおすげ祭開催!(10月28日(土))

いよいよ「おおすげ祭」が10月28日(土)に開催されます。
今年度は、本校舎(小学部)と四倉校舎(中・高等部)の二拠点に分かれての初めての開催となります。
テーマの「走り出せ!未来へ向かって出発だ!」にもあるように、子供たちが力を合わせ、発表の準備や練習に日々一生懸命に取り組んでいる姿が見られます。

保護者の皆様、地域の皆様、旧職員の皆様、当日は是非本校へお越しいただき、全校生が協力しあいながら、発表の舞台を作り上げている姿をご覧いただければと思います。

場所 :富岡支援学校本校舎・聴覚支援学校平校体育館
時間 :9:30~12:20
駐車場:聴覚支援学校平校校庭

 

<高等部より>「第16回福島県特別支援学校スポーツ大会」

 9月30日(土)に、あづま総合運動公園にて特別支援学校スポーツ大会に参加してきました。

 フライングディスク(アキュラシーファイブ)に7名の生徒が、陸上競技には50m、100m、400mリレー、立幅跳などに7名の生徒がエントリーしてきました。

 天気にも恵まれ、秋晴れのなか競技を行ってくることができました。

 結果は、100mで2位が1名、3位が1名、50mで2位が1名という結果となりました。



小学部より プール学習

9月、新舞子ハイツにプール学習に行ってきました。
流れるプールの流れに身を任せて泳いだり、歩いたり、プールの中で、先生と追いかけっこしたり、みんな笑顔で遊ぶことができました。

新舞子ハイツには、多くの一般の利用者の方々もいらっしゃいました。
先生との約束を守って、楽しくプールを利用することができました。

<小学部より>「 なかよし集会(小学部) 」

9月11日(月)に、なかよし集会を行いました。

集会では、10月に行われる「おおすげ祭」の写真を見ながら話を聞いたり、9月に誕生日を迎える3名の友達のお祝いを行ったりしました。

さらに、ゲームの活動では学年の枠を超えた「ペーパーリングレスリング」を行いました。紙テープの輪を勢いよく引っ張ったり、相手の様子を見ながらゆっくり引っ張ったりと、みんなの笑い声や歓声が響いた時間となりました。





<小学部より>「 修学旅行(小学部) 」

9月8日(金)、6年生が修学旅行に行ってきました。

たった一人の修学旅行で寂しさもありましたが、大好きな電車に乗ってスパリゾートハワイアンズへ!

午前中は、流れるプールや、滑り台、ゲームセンター、そしてバイキングで満腹!午後は、校長先生と一緒に流れるプールを楽しみました!

心に残る楽しい一日を過ごすことができました。



<高等部2学年より>「高等部修学旅行 1日目」

本日から3日間、高等部2学年の修学旅行が行われています。

初日の今日は学校を6時15分に出発し、福島空港から伊丹空港まで、ドキドキの空の旅を楽しみました。

伊丹空港に到着した後は京都まで移動し、清水寺を巡りました。
改修工事で舞台の一部しか解放されていなかったのは残念でしたが、歴史ある建物を間近で観ることができました。

その後は東映太秦映画村を訪れ、忍者ショーを観たり、トリックアート館やからくり忍者屋敷で活動したりしました。

天候にも恵まれ、2学年全員での旅行を楽しんでいます。
明日はユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの活動になるので、今夜は各自、よく寝て体調を整えたいと思います。


<渉外部より>「同窓会総会・並びに成人を祝う会」

8月5日(土)いわき市平の割烹ほてる「正月荘」にて、「平成29年度富岡支援学校同窓会総会・並びに成人を祝う会」が開催されました。

今回は、同窓生・保護者・職員・旧職員の皆さんにご参加いただき46名の参加がありました。
 同窓会総会では、28年度の活動報告、会計決算報告、29年度の活動計画(案)会計予算(案)が事務局より提案され、すべて承認されました。
今年度成人を迎える同窓生は1名でしたが、小・中・高等部の担任の先生方が出席して下さって、盛大にお祝いさせていただきました。
同日は、事業所での仕事を終えてから駆けつけてくれた新成人のEさん。卒業後お休みもせず毎日元気に通勤しているというお話でした。
一回りも二回りも成長されたその姿に、参加者の皆さんから大きな拍手が送られました。
ご成人、本当におめでとうございます。

 祝う会のあとは、皆さんお待ちかねのビンゴ大会とカラオケ大会です。
これを楽しみに集まって下さった同窓生の皆さんも多くとても盛り上がりました。

 一年に一度の同窓会ですが、また今年もたくさんの懐かしい顔、笑顔にお会いすることができました。ご参加いただきました皆さん、本当にありがとうございました。
来年もまた、お会いするのを楽しみにしています。
 
 最後に、本校高等部第1期生の宮本恵子さんが、7月30日にお亡くなりになりました。総会に先だちご列席の皆さんと恵子さんのご冥福をお祈りしながら黙祷を捧げました。恵子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。



PTA主催「第2回親と子のレクリエーション」

7月26日(水) PTA主催の 第2回 親と子のレクリエーション・流しそうめん大会が開催されました。
お天気が心配されましたが、雨も上がり、気持ちよい青空の中実施されました。


はじめは、体育館での家族や先生との一緒に3つのゲームを楽しみました。

一つ目のゲームは親子でドッキングです。親子でフラフープの中に入ったり、ボールを二人で挟んだりしてリレーをするゲームです。どのペアも、笑顔いっぱい楽しく参加していました。

2つ目は、マントに乗ってゴーゴーゴーです。
ペアのうち一人がシーツに乗り、もう一人がシーツを引っ張ってゴールを目指します。
笑いあり、ハプニングあり大いに盛り上がりました。

最後は、バルーン遊びです。小学部の生徒も大好きなバルーン。
今日ばかりは、みんな童心に戻ってひらひらと舞うバルーンを楽しんでいました。
レクリエーションには、富岡支援学校の人気者。マノメンとヨツクランも遊びに来てくれました。


体育館での自由遊びの後は、皆さんお待ちかねの「流しそうめん大会」です。


いっぱい遊んで、みんなで食べるソーメンはとっても美味しかったです。
何度も何度も流れてくるソーメンをおかわりしていました。今回もソーメンだけでなく、中学部で栽培しているミニトマトの他、フルーツの缶詰も美味しくいただきました。

お父さん、お母さん、兄弟、そして先生と一緒に笑顔いっぱい楽しい一日でした。




<進路指導部より>「進路見学会」

 7月27日(木)、教職員を対象にした進路見学会を実施し、広野町にある「光洋愛成園」「ワークセンターさくら」「サポートセンターゆうあい」、そして、四倉町にある「株式会社長友製袋」を見学してきました。

 それぞれの施設で、丁寧な説明、案内をしていただき、とても勉強になりました。
今回学んだことを、これからの学習指導、進路指導に活かしていきたいと思います。


<教育支援部より>「さくらひろばへいってみよう」

7月25日(火)、本校で幼児体験学習「さくらひろばへいってみよう」を行いました。当日は8名のお子さんとその保護者の方、療育機関の方にお越しいただき、夏休み中の学校が一気に明るくにぎやかな雰囲気に包まれました。

お集まりの活動では、パネルシアター「ふしぎなたまご」や、手遊び歌「こぶたぬきつねこ」、ダンス「ばななくんたいそう」を行いました。パネルシアターのパネルをめくって隠れている動物を当てたり、手遊びやダンスでは動きを真似たり音楽を楽しんだりしました。

自由遊びでは、ボウリングやお絵かき、トランポリンやボールプールなど、好きな遊びを選んで楽しむ姿が見られました。


約一時間の短い時間でしたが、ご参加いただきありがとうございました。



<研修部より>「特別支援教育研修会を実施しました」

7月7日(金)に大正大学 心理社会学部臨床心理学科の内山登紀夫教授を四倉校舎にお招きし、特別支援教育研修会を実施しました。

 当日は午前中に中学部と高等部の授業を内山先生に参観していただいたのに加えて、個別に相談をお願いした4名の生徒について、教師のかかわり方や校内掲示についてのご意見をいただきました。

 午後は全職員を対象に、「『分かる』『できる』力を育てる授業づくり」をテーマにした講演が行われました。この中では、障がいの特性や個々の特徴を支援者が正しく評価すること、写真やシンボルなどでより伝わりやすい情報の提示を行うことなど、支援者が心がけるべき項目について事例を交えながら分かりやすく説明していただきました。

 今年度、校舎が分かれてからは初めての研修部主催の研修会でしたが、それぞれの学部の児童・生徒とのかかわり方を改めて考える貴重な機会となりました。

<高等部より>「ていねいに書こう ~たなばた展に向けて~」

 高等部国語科では、福島県たなばた展に向けて「ていねいに書こう」という単元に取り組みました。
それぞれが選んだ課題の筆順や字のバランスを確認しながら、丁寧に筆を運ぶ生徒たちの姿が見られました。

 本校高等部の国語科は3つのグループに分かれて学習しています。単元が進むにつれて、生徒同士が作品に意見を述べ合ったり、上手に書けたところを教師と確認し合ったりするようになり、それぞれの生徒が「より丁寧に書こう」という気持ちをもって学習に取り組むことができました。
 
 冬には福島県書き初め展への出展に加えて、本校で開かれる校内書き初め展に向けて学習に取り組む予定です。

<中学部より>「四倉ファーム」

四倉校舎でも敷地の一部をお借りし、「四倉ファーム」として畑の栽培の活動に取り組んでいます。
みんなで協力して畝作り、植え付け、水やり、追肥、草むしりなどの活動に取り組んでいます。
栽培している野菜の種類は、ナス、ピーマン、トマト、かぼちゃ、きゅうり、ししとう、イチゴ、スイカ、さつまいも、とうもろこし、エダマメ、オクラ、ネギの13種類にもなりました。少しずつですが、収穫もできるようになっています。
今年初めて収穫できたナスとピーマンを炒めて試食しましたが、みんなで汗をかきながら作業をして育てた野菜は格別に美味しいです!

<小学部より>「 たなばた会 」

7月6日(木)小学部合同でたなばた会を行いました。

笹竹に各学級で作った飾りと短冊をひとりひとり飾りました。とてもきれいな笹飾りになりました。

お家の人や先生と一緒に考えた短冊に書いた
願い事を各学級の代表者が発表しました。みんなの願い事が叶うと良いですね。

その後、パネルシアターでたなばたのお話を聞きました。そしてお話を聞いた後、天の川の星探しゲームを行いました。ゲームでは、各教室に隠された星を班ごとに一人二枚ずつ探し、見つけた星を天の川に貼りました。そしてきれいな天の川を完成させることができました。

最後にたなばたの歌を全員で、大きな声で歌いました。とても楽しいたなばた会でした。




<教育支援部より>「双葉地域支援ネットワーク会議」

 6月28日(水)、双葉地域の3町(双葉町、楢葉町、広野町)の小・中学校の先生方に御参加いただき、双葉地域支援ネットワーク会議を開催しました。

 各学校の現状や課題を知り、その状況やニーズ等を踏まえた地域支援体制の整備、充実に向けた話し合いを進めることができました。

 今後も、このつながりを大切にしながら、ネットワークを作っていきたいと思います。

<中学部より>「四倉中学校との交流および共同学習」

中学部では、今年度から四倉中学校との交流および共同学習を行っています。四倉中学校1年1組30名と本校中学部10名が5つのグループに分かれて交流を図りました。

1回目の交流会は、6月15日(木)に行いました。歩いて四倉中学校を訪問し、グループに分かれて自己紹介をしました。初めての顔合わせで最初は少し緊張した様子も見られましたが、好きな食べ物の話になると、からあげやラーメンの話で盛り上がりました。

2回目の交流会は、7月6日(木)に行いました。四倉海岸の駐車場に集合し、1回目と同じグループに分かれてゴミ拾いをしました。ゴミを一緒に拾う活動を通して、それぞれの部活の話や四倉町の夏祭りの話など、いろいろなお話をしながら交流を図ることができました。また、みんなで拾ったゴミの中には、クリスマスツリーの部品や自転車のハンドルなどもあり、いろいろなゴミが落ちていることにも驚いていました。

四倉中学校も富岡支援学校も同じ四倉町で学んでいるので、今後も交流の機会をもつことが出来ればと思います。

<中学部より>「中学部フラタイム」

中学部では、元フラダンサーの清水優花さん(いわき市内でフラダンス教室「プアナニフラ&タヒチアンダンスハーラウ」を開校)をボランティア講師として月1回お招きし、フラダンスの練習に取り組んでいます。


子供たちにとっては、初めてのフラダンスで、最初はどう体を動かして良いのか分からず戸惑う場面も見られましたが、今ではこの日をとても楽しみに、フラの手の動きの意味をイメージしながらフラダンスの練習に励んでします。

10月28日(土)に予定されている「おおすげ祭」でのステージ発表に向けて練習に励んでいきたいと思います!

<中学部より>「楽しかったよプール学習 at平支援学校」

6月26日(月)、平支援学校の水治訓練室をお借りし、中学部プール学習がありました。

AチームとBチームに分かれて水中リレーやボール集め競争をしました。
プール設備のない本校の生徒にとって、とても有意義な時間となりました。

<小学部より>「広野小学校4年生との交流及び共同学習(小学部)」

6月上旬にいただいたお友達の写真を見て楽しみにしていた交流及び共同学習に、2年生以上の13名で6月27日(火)に広野小学校へ行ってきました。

小学校のホールを使って、グループに分かれて自己紹介をしたり、運動会で行った「僕たち、運転手さん」をチーム対抗で行ったりしました。

帰りには、駐車場に行く通路にアーチを作ってお見送りしてくれました。1時間という短い時間でしたが、小学校の雰囲気を感じたり、グループの友達と少しかかわったりすることができる交流会でした。

次回は、11月に行う予定です。


<小学部より>「 現場実習体験(小学部) 」

6月22日(木)、6年生が現場実習体験に行ってきました。

初めての場所(四倉校舎)、初めての作業で緊張の様子でしたが、慣れてくると次々と段ボールを組み立てることができ、にっこり!

ネジの解体も、中学部の先生に教えてもらいながら最後まで頑張りました。

<進路指導部より>「ビルクリーニング技術講習会(四倉校舎)」

6月12日(月)、ビルメンテナンス協会の方をお招きし、ビルクリーニング技術講習会を行いました。

8月9日(水)に行われる特別支援学校作業技能検定にむけた清掃用具の種類や使い方の説明、正しい清掃の仕方、動き方などについて細かく、わかりやすく御指導いただきました。

また、校内実習において清掃活動を行う生徒や、日ごろの学校や家庭での清掃活動を行う生徒、さらには教員に対しても、知識やヒントを得る良い機会となりました。

今後の清掃活動で実践していきたいです。

<教育支援部より>「教育相談会」

5月31日(水)子どもの家保育園、第二子どもの家M・A・Y、6月7日(水)ゆいまーる・ふたば、わくわくキッズ、6月12日(月)いわき母子通園センターを御利用の保護者様を対象に教育相談会を実施しました。本校舎で学んでいる小学部児童の学習活動の様子を見学していただきました。

保護者の皆様から様々な御質問や感想をいただき、また、本校小学部の教育活動で大切にしていることをお伝えすることもでき、とても有意義な時間を過ごすことができました。

7月25日(火)には、就学前の年中・年長児とその保護者様、及び関係機関の方を対象に、幼児体験学習会「さくらひろばへいってみよう」を実施いたします。パネルシアターや手遊び等を計画しておりますので、ぜひ御参加ください。

<教育支援部より>「歌と踊りのコンサート!」

6月6日(火)日本赤十字社さんの学校支援事業で、新沢としひこさんと山野さと子さんによる「歌と踊りのコンサート」が行われました。

また、コンサートの前には、日本赤十字社福島県支部統括参事高野浩二様からご挨拶をいただきました。

コンサートが始まると、素敵な笑顔と素敵な衣装で登場した新沢さんと山野さんに目が釘付け!「世界中のこどもたちが」「ともだちになるために」などを作詞された新沢さんと、「ドラえもんのうた」など、多くのアニメソングを歌っている山野さんの歌声にみんな聴き入り、プロジェクターに映し出された「はらぺこあおむし」や「はじめのいっぽ」などの絵本を見ながら、心に響く歌声を楽しみました。


「きのこ」や「アイアイ」の歌では、からだを動かして大人も子どももダンスして、文字どおりの歌って踊って笑顔あふれる楽しいコンサートとなりました。


新沢さん、山野さん、日本赤十字社のみなさん素敵なコンサートをありがとうございました。