富岡支援学校Webサイトへようこそ!~Welcome~

 本校は、知的障がいや他の障がいをあわせ有する子供たちが、地域社会の中で、よりよく生活するための力を身につけることを目的とし、富岡町に開校された特別支援学校です。
 東日本大震災に伴う福島第1原子力発電所の事故の影響により、
いわき市にある聴覚支援学校平校(旧聾学校)敷地内に仮設校舎を設け、全校生32名での学習が始まりました。この地での学習活動も7年目を迎え、56名(H30年6月現在)の子供たちは、将来の自立に向け、日々様々な学習や体験的な活動に取り組んでいます。

お知らせ ~infomation~

NEWNEWNEWNEWNEWNEWNEWNEWNEWNEWNEWNEWNEWNEWNEWNEWNEWNEW

日  程 7月17日(火) 

申込締切 6月29日(金)

 「 富岡支援学校夏季セミナーを実施します。」 

 本校では、今年度より「主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業づくり」を研修テーマとし、新学習指導要領を踏まえた授業検討を行っています。
  特に今年度は【主体的な学びを育てるために」をサブテーマとし、児童生徒が学習に意欲関心をもって自分から取り組む姿や、活動に見通しをもって取り組める支援の方法などについて話し合いを進めているところです。
 当日は本校の中学部における生活単元学習と、高等部の職業並びに生活単元学習の授業を参観していただく予定です。
 また、今回は十文字学園女子大学人間生活学部自動教育学科 教授 中西 郁先生を講師としてお招きし、本校の研修活動並びに授業づくりへのご助言と、講演をお願いしています。
 参加を希望される方は実施要項をご確認いただき、参加申込み用紙にてお申込みください。

お知らせ実施要綱・参加申込み用紙.pdf

お知らせ参加申し込み用FAX.pdf

入試情報 ~entrance~

平成30年度 高等部入学者選抜は終了しました。

入札のお知らせ ~bid infomation~

(現在入札の公告はありません。)

H29研修集録 ~Teacher training cognition~

 

お知らせ infomation
活動紹介 ~Facebookでも公開しています~

活動紹介

〈小学部より〉「日赤 あそびうたコンサート」

6月7日(木)に日本赤十字社福島県支部様より御支援いただき、「あきらちゃん&タンバリンくんのあそびうたコンサート」を行いました。

 

全員でタンブリンを持って演奏したり、歌ったり踊ったりと盛り沢山の内容に、子どもたちの笑顔がキラキラ輝く素敵なコンサートとなりました。

<高等部より>「 さくらんぼ狩りに行ってきました。 」

 いつもお世話になっている、わいわい作業所さんにご招待いただき、さくらんぼ狩りに行ってきました。

 さくらんぼ園に到着し、たわわになったさくらんぼの木を見て大歓声が上がりました。真っ赤に実ったさくらんぼを美味しそうにほおばっていました。自分が摘んださくらんぼを小箱に入れて大切に持ち帰りました。楽しい時間となりました。

四倉高校との交流活動(いわきの町をきれいにする市民総ぐるみ運動)

 5月31日(木)四倉高校のみなさんと一緒に「いわきの町をきれいにする市民総ぐるみ運動」に参加しました。今回の清掃活動は、四倉高校生が数名ずつ各クラスに入り、一緒に四倉町内の清掃活動を行いました。

 はじめは、なかなか話をすることができませんでしたが、一緒に清掃活動をするうちに打ち解け、学校のことや好きなことについて話しながら活動したり、帰校したりする姿が見られました。清掃活動を通して、交流も深まり、充実した時間となりました。

<ALT係より>「ケイトリン先生来校」

 ALT(外国語指導助手)は、今年度も、カナダ出身のケイトリン先生が来校します。

 5月28日(月)、四倉校舎に来校しました。

 中学部では、名刺交換や絵あてゲームをしました。

 積極的に英語であいさつをして名刺交換をしたり、絵あての答えをケイトリン先生と一緒に発音したり、英語でのやりとりを楽しんでいる姿が見られました。

 昼食を一緒に食べたときは、ケイトリン先生が上手に箸を使うことに驚いていました。

 高等部では、好きなものの紹介をしました。

 生徒が好きなものを伝えると、ケイトリン先生がタブレットで検索をして画像で表示し、通じたことがわかると拍手をして盛り上がりました。

 音楽では、英語の歌に合わせて体を動かし、雰囲気を楽しんでいる姿が見られました。

 次回は7月。楽しみですね。

〈小学部より〉「運動会」

平成30年5月26日(土)運動会がありました。今年度から小学部のみの実施となりました。

競技数が前年度よりも増えたことで、子どもたちの活躍する場面がたくさんありました。

また、親子参加のリレーやダンスもあり、会場に一体感がありました。

子どもたちのやりきった表情が輝き、とても充実した運動会になりました。